旦那の『おこづかい制』を辞めたらお金が増えた!

家族の話

 

旦那さんにおこづかい制を取り入れている家庭は多いと思いますが

旦那さんのおこづかい制辞めてみませんか?

  

  

Erina
Erina

我が家は旦那さんが家計管理をしています。

 

  

数年前からお金の管理を旦那さんにお願いするようになりました。

 

旦那さんが家計の管理をするようになって

私が管理していた頃に比べて

資産が増えました

 

また夫婦関係も更に良くなったと感じます😊

   

私がおこづかい制を辞めた方が良い理由を

お話します(^▽^)/

 

スポンサーリンク

おこづかい制のデメリット

まずはおこづかい制を

おすすめしない理由です。

 

おこづかいには制限がある

日本のサラリーマンの平均おこづかいは3万円~4万円だそうです。

  

実際に旦那の職場や私の職場の男性も

おこづかい制の人がほとんどです。

  

よくこう言う言葉を耳にします。

 

おこづかい少ないから

遊びに行くお金もないしな~💦

妻が誕生日だけど

何かプレゼントするにも

おこづかいの範囲内だときつい💦

 

当たり前ですが、

おこづかいには制限があり

何かしたいと思っても

自由には使えず

不自由さを感じます。

  

稼ぐ意欲が減る

おこづかいは3万円って

決まっているし

どれだけ仕事を頑張っても

おこづかいは増えないんだよな~💦

 

毎月仕事を頑張っても

口座に振り込まれたお給料を

奥さんが管理し、  

毎月決まった額のおこづかいを

奥さんからもらう為、

給料日もお金をもらったという感覚が生まれません

 

また、どれだけ仕事を頑張っても

おこづかいは増えないので

仕事への頑張る気持ちが減る

= 『稼ぐ意欲が減る

 

仕事へのモチベーションが下がります。

  

奥さんからお金をもらう事がストレス

おこづかい制だけど

会社や友達との付き合いのお金などは

おこづかいとは別に

必要な分だけお金をもらうケースもよく聞きます。

 

実際に我が家も昔はそうでした。

おこづかいの金額を

ハッキリ決めていなかったけれど

必要な時に必要な分のお金を渡していました。

 

主人も当時は

私に『お金をちょうだい』っと言うのは

言いづらく・・

 

お金を奥さんからもらうということが

ストレスに感じます。

  

奥さんも家計管理は精神的に負担

Erina
Erina

私が実際にそうだったのですが・・

 

奥さんもすべての家計の管理を任せられるのは

実は負担だったりしませんか?

 

子どもが小さい時は特に・・

家計の他にも考える事はすごく多くて( ;∀;)

 

家事や育児だけでも、毎日いっぱいいっぱいです。

  

お金の計算をしたり、細かい管理をするという事は

私にとって、すごく負担に感じていました。

  

 

   

そこで何も知らない旦那が・・

夫

今週、会社の人と飲みに行くからお金くれないか?♪

なんて呑気に言ってきたら・・

  

妻

あなたは何も考えなくて良いよねー!

こっちはいろいろ考えることも多くて大変なんだから!

 

なんて気持ちにもなったりします(笑)

 

おこづかい制を辞めるメリット

おこづかい制を辞めて

旦那さんに家計の管理を任せてみたらどうでしょう?

  

  

実際に我が家が、

家計の管理を旦那さんに任せるようになって

変わった事とは💡

 

  • 主人の金融リテラシーが高まる(お金の知識をつけるようになる)
  • もっと収入を増やしたいと思うようになる
  • 仕事にもやる気が出る
  • 妻へかっこつけられる(プレゼントしてくれたり)
  • 妻の負担も軽減する

 

お金の知識をつけるようになる

今までは私が家計管理をしていたので

 

『毎月何にお金が消えていくか?』

『一年間で何にお金がかかるのか?』

また

『子どもの将来にどれくらいお金が必要か?』

 

固定費や変動費を旦那さんが把握するようになり

お金の勉強をするようになりました

 

ここで無駄な出費はなくし、

家計を見直すようになりました。

(我が家の場合は無駄な保険を解約)

  

 

Erina
Erina

無駄な付き合いの飲み会も行かなくなりました(笑)

 

収入を増やしたい!と、やる気が出る

お金の知識がつくと

お金を増やしたい!稼ぎたい!

さらに思うようになるのです✊

 

男性は元々『お金を稼ぎたい!』という気持ちが

女性より強く持っています。

 

自分でお金を持つことで

さらにその気持ちを高め

やりがいを感じ

『増やしたい!』という気持ちになります。

 

さらに、旦那がかっこよくなる!

例えば、おこづかい制だと

プレゼントも思うようにできなかったけれど

自分でお金の管理をするようになって

妻や子どもへサプライズプレゼントしてくれるようになったり♡

 

職場の付き合いでも

後輩に格好をつける(良いところを見せる)こともできたり✨

 

※もちろん無駄におごったり、プレゼントしたりするのは良くないですよ✖

 

でも、やっぱり男性はかっこつけたい時がありますよね?

妻としても、かっこいい旦那さんの姿も見たい

プレゼントもらって嬉しくない女性はいないです♡

 

妻の負担も減る

旦那さんが家計管理をしてくれることで

奥さんの負担が軽減します!

 

今までは一人で家計管理をしていて

考えることが多かったことも

旦那さんが家計を理解してくれる事で

お互い共感も生まれ

一緒に頑張ろう!と思えるようになります。

 

また、奥さんも旦那さんへの感謝が増し、

旦那さんも家族の為に

『もっと頑張ろう!』という相乗効果になります✨

 

おこづかい制を廃止する際の注意点!

  • 旦那さんが家族の事を大事に考えてる(大前提です!)
  • 信頼関係がないと成り立ちません!
  • 食費などの生活費はしっかりもらう!渡す!
  • 奥様もある程度の余剰資金は別で少しは持っているべき◎

 

以上の点はご注意くださいね★

 

まとめ

男性は、ある程度お金を自由に使える環境が必要です。

  

仕事を頑張って、お給料をたくさん稼いでも

おこづかいが増えないと仕事へのモチベーションは下がります

 

実際に家計の管理をすることで

『お金がもっと欲しい!』と感じる

無駄なものを省きはぶき

『増やすにはどうしたら良いのか?』っと

思うものです!

 

①”おこづかいの限られたお金の中でやりくりする

のと、

 

②”自分が稼いだお金を、自分自身が管理した中でお金をやりくりする

のは

   

①と②全く違います!

 

我が家が家計管理を主人に変わって

資産が増えたのは、

この”主人の考え方が変わった!”からだと言えます。

 

また、私自身も主人への感謝の気持ちが深まり・・

 

”甘えられる”事も増えました。

 

お金の管理を私がしていた頃は

どこか、

『私が強くいなくちゃ!』

『しっかりしなくちゃ!』という気持ちもあり

主人に”甘える(頼る)”事もできなくなっていました

 

 

結婚してから5年程、

私が家計管理をしていました。

結婚してから5年目から現在まで

主人が家計管理をしています。

 

結果、我が家の家計は右肩上がりです⤴

また、夫婦関係も右肩上がりです⤴(笑)

 

これがおこづかい制を辞めた方が良い理由です。

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます♡

今日が最高の一日でありますように

そして今日より明日が、もっといい一日でありますように(o^―^o)

  

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました