子どもの熱性痙攣【体験談】~パパママに知っててほしい事~

子育て

『熱性痙攣けいれん』という言葉を知っていますか?

 

熱性痙攣ねっせいけいれんとは・・

6カ月~5歳ころの子どもが急な発熱に伴って意識障害、けいれんを引き起こす病気です。 通常38℃以上の発熱時で急激に体温が変化するときに起こり、半数近くが繰り返しますが、成長に伴い6歳前後でほとんど起こさなくなり経過は良好です。 日本では小児のおよそ8%、西欧では3%くらいにみられます。

徳州会グループHPより

 

私も実際に娘が熱性痙攣けいれんを起こすまで

こんな発作があることを知りませんでした!

Erina
Erina

私の体験談を元に症状などを

お話しさせていただきます。

是非小さなお子さんをもつ

ママ・パパに知っていてほしいです。

 

スポンサーリンク

 

熱性痙攣をはじめて起こした年齢

娘が熱性痙攣けいれんを起こしたのは

1歳1か月の頃でした

 

熱を出して病院を受診した日でした。

 

熱性痙攣の症状

夕方、

夫の帰宅を待ちながら

子どもたち(双子)にご飯を食べさせて

娘に薬を飲ませて横にさせていたら・・

 

突然大きな声で泣き出したと思ったら

手をピーンッと突っ張ったまま

目の黒目が変なところを向いて固まってしまい。

 

あきらかに異常な娘を見て

私は慌てて救急車を呼ぶため『119番通報』!!

 

落ち着いて喋らなきゃいけないのは分かっているのに

落ち着けるはずもなく・・

 

(何を話したか覚えていません😢)

 

救急車を待っている間に

娘の顔色はどんどん悪くなっていき

唇は見たことないほどの紫色に・・

 

すると

ビクンビクンっと波打つような痙攣が起きてきて、

私は娘の名前を何度も呼んでいました。

 

そしたら、いきなり口から泡が出てきて

痙攣が止まりました。

 

もうこのまま死んでしまうんじゃないかって

頭の中が真っ白でした。

 

 

救急車が来るまでの時間が長く感じた

一人でどうしたら良いのか分からず

夫に『早く帰ってきて』と電話を入れて、

母にも電話で助けを求めました。

 

こういう時の母の存在ってすごく心強いんですよね!

 

うちは消防署が近いため、

実際に救急車が到着するまでは数分だったはずなのですが

本当に時間が長く感じました。

 

ピーポーピーポー🚑と救急車の音が聞こえた時は

慌てて家を飛び出しました。

 

(焦りすぎて、救急隊の方のあまりの冷静さに

我を忘れてキレ口調になってしまった事を

すごく申し訳なく覚えています。)

 

息子は、キレる母の姿と初めて見る救急隊の方を見て大泣きでした。

(ごめんね😢)

  

たくさんの人に感謝

救急車が到着して間もなく・・

ナイスタイミングで母という心強い救世主がやってきました。

 

息子を母に託して、私と娘は救急車で病院へ🏥

 

救急隊の人の

『お母さん大丈夫ですからね』

という言葉に本当に心が救われました。

  

初めて乗る救急車の中で外の景色を見た時、

交差点などで救急車に道を譲る為に車を止めてくれる人たちを見て、

本当に感謝でした(;_;)

 

普段救急車がきたら何も考えずに止まっていたけれど

この出来事依頼、誰がどうなっているのかはわからないけど

無事でありますように!と心の中で願うようになりました。

 

意識が戻った

病院につく頃には娘の顔色も戻って、

意識も戻ってきました。

 

絶賛人見知り中だった娘が

先生の顔を見て大泣きした時は安心しました♡

 

夫も目に涙を浮かべながら

病院へ駆けつけて、

娘の顔を見て安心した様子でした。

 

病院での処置

念のため、血液検査をしてもらい

痙攣止の座薬を入れてもらいました

 

血液検査の結果は異状なく

急な高熱も”突発性発疹”からだったようで

高熱が原因の『熱性痙攣』だと言われました。

 

私はこの時初めて

『熱性痙攣』という発作があることを知りました。

    

熱性痙攣は遺伝する?

実はこの体験は娘だけではありませんでした。

 

後に息子は2回、痙攣を経験しました😢

どちらも38度以上の熱が出て娘と同じ症状でした。

 

後から知ったのですが、

夫の妹(子どもたちからすると叔母)も経験があったようです。

 

熱性痙攣は遺伝する傾向があるようです。

 

Erina
Erina

息子と娘がいつか親になった時は

あらかじめ伝えておこうと思います。

  

ちなみに、熱性けいれんは主に

  • 突発性発疹
  • 夏風邪
  • インフルエンザ

 などで発作を起こしやすいようです。

 

まさに息子は

一度目が娘と同じく突発性発疹で

二度目が夏風邪を引いたお盆中でした。

 

まとめ

熱性痙攣にもタイプがあります。

うちの娘と息子が体験したのは

『単純型』の熱性痙攣と言って、脳に影響を与えたりせず

一定の年齢を超えると起きなくなるタイプのようです。

  • 発作時間が15分以内(意識の回復がよい)
  • 24時間以内に1回しか繰り返さない
  • 左右対称の全身性のけいれん

単純型の特徴のようです。

  

息子は2度痙攣が起きましたが

3歳頃を最後にそれ以降は痙攣を起こしていません。

 

私も娘の経験があった為、

息子の時には割と冷静に対応ができましたが

なかなか我が子の身に、

いきなりこんなことが起きたら

冷静にいるのは難しいでしょう。

 

なので、一人でも多くの人に

こういう発作があるという事を知っていてほしいです。

 

知っているのと知らないのは

心構えが違いますよね(^▽^)/

 

子どもたちが元気に笑っていてさえくれれば良い!

っと本当に改めて思わされる経験でした。

(もう一生こんな体験したくないですが・・(笑))

 

 

Erina
Erina

今日も読んでいただきありがとうございます♡

今日が最高の一日でありますように

そして今日より明日が、もっといい一日でありますように(o^―^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました